むちうち

Pocket

むちうち後遺障害の中でも、代表的な障害としては、むちうちがあります。体に痛みや腫れが残る神経障害であり、診断名として頚椎捻挫や腰椎捻挫などとも呼ばれます。認定される等級は、12級13号の局部に頑固な神経症状を残すもの、さらに4級9号の局部に神経症状を残すものが代表的であり、むちうちの半数が14級です。

12級が認定されるには、まず痛みや痺れが体にないとなりません。これは加齢や他の体の症状によるものではないのか、事故直後にすぐ病院に行き、診断を受けます。むちうちであると診断されれば、次に医学的に証明できる症状でないとならないです。交通事故との因果関係を証明でき、CTなどで診断の後に、12級として認定されます。

14級は一番軽い症状のむちうちとなります。医学的に証明が出来なくても、治療の経過や自覚症状など、連続性や一貫性があれば14級になります。被害としてはむちうちを主張することになりますが、誇張でないと証明するために、継続的に通院します。どの場合のむちうちも、等級認定されるのが難しく、そのために、事故後すぐ病院に行き、さらに継続的に通院することが必要です。医師に症状をしっかりと伝え、通院し、納得のいく診断結果をもらうようにします。続いては、精神障害について説明します。