交通事故の後遺障害

Pocket

怪我交通事故により怪我をすると、後遺症または後遺障害を残す方もいます。これはどちらも似たような意味の言葉となっており、事故での怪我の治療を行っても、体や精神に症状が残ることを言います。生涯が残るので、場合によっては生活や仕事に支障をきたすこともあるでしょう。後遺症は、治療をしても、体や精神に障害が残ることを言います。後遺障害は治療後も症状が残り、なおかつ労働能力を失うことを言います。

後遺症は残っても後遺障害として認められないケースはあり、後遺障害として認められると、慰謝料などが支払われます。後遺障害と認定されないと慰謝料は払われないので、認定されるかどうかが重要とも言えるでしょう。後遺障害については、事故との因果関係が認められないとならず、等級があり、1級から14級の14に分かれます。もっとも重いのが1級であり、14級が一番軽いです。

慰謝料は、等級によって支払われる金額が違い、等級が重いほど、金額も多くなります。言い換えれば、後遺症の症状が酷いほど、慰謝料も多くなるということです。どの等級によっても、自賠責と弁護士の基準の2つの相場があります。弁護士基準の方が相場は高いですが、通常は低い金額から交渉を始めます。その中で、弁護士基準になるように、金額を上げて交渉をしていきます。等級が1つ違うだけでも、大きく慰謝料は変化するので、適正な等級の認定を受ける、そして相場通りの慰謝料を支払ってもらうことが大切です。まずは、むちうちから説明します。